YOSHIDAYA

シーンに合わせた マナー

ここでは各種のシーンに合わせて疑問点や解決補法を紹介します。
ご自身のシーンに合わせて参考にしてください。



シーンに合わせた マナー

Q.葬儀に呼ばなかった方から後日弔問があり、香典を頂いてしまった。
A.そんな時には→香典返し挨拶状文章印刷済み。
お悔やみの言葉や香典に対してのお礼と、香典返しの品物を送るという内容が印刷されています。葬儀に参列された方・していない方どちらにも使用できる文章となっています。

シーンに合わせた マナー

Q.葬儀でお花や供物を頂いたので、個別に感謝の気持ちを伝えたい。
A.そんな時には→お礼カード。
挨拶状に添えて個別に感謝の気持ちを伝えられます。お見舞い・弔電・供花・供物の4種。


シーンに合わせた マナー

Q.死亡通知をまとめて送りたい。
A.そんな時には→死亡通知はがき印刷。
故人ゆかりの皆様に書面で丁寧にご報告できます。官製はがきなので、届いたら宛名を書いてすぐ投函できます。

シーンに合わせた マナー

Q.自分の訃報はなるべく近親者のみにしか伝えず、家族葬にしたいと考えています。
A.そんな時には→エンディングノート。
面と向かって伝えにくい葬儀の希望やその後のことなど、自分の言葉で書いておくことができます。


シーンに合わせた マナー

Q.喪中はがきを年内に出すことができなかった。
A.そんな時には→喪中・寒中見舞いはがき用紙文章印刷済み。
あらかじめ文章が印刷してあり、宛名と差出月を書き込むだけですぐに発送できます。
内容にこだわりたい方は→喪中・寒中見舞いはがき用紙。
インクジェットプリンター対応で家庭でも美しく印刷できます。

Request for brochure



資料請求はこちらから


資料請求 Contact Us

Works Products

Recruit Information

News Release